人的資本経営

e-future
第74号:人社員たちとの話し合いを大事にしたい人が陥る罠新着!!

 あなたは、どのようなリーダーシップスタイルをとっていますか。そのスタイルをまとめて表現する時に、ワンマン型、民主型、放任型、などという枠組みがあります。少し前には、サーバントリーダー型の必要性とそのスタイルを学ぶ研修が […]

続きを読む
e-future
第73号:社員の資産価値を上げられる人と下げる人

 「うちの会社の社員たちは、優秀です。」とある経営者の言葉です。優秀という言葉をどのように定義するかはさておき、「命じたこと(しなければならないこと)を忠実にできる」ことを示している場合が多いように感じます。  優秀さを […]

続きを読む
e-future
第72号:事務部門の生産性を上げられない上司たちの思考ぐせ

 事務系部門の方々とお話をさせて頂くたびに、捌き仕事をしている人が多いと感じています。捌き仕事とは、自分がこなすべき書類や任務を片付けることだけに焦点を置いていることです。やらなければならない仕事に注力することは当然のこ […]

続きを読む
e-future
第70号:肩書勝負の人生が終わる前に考えるべきこと

 先日、人材支援に携わる仲間たちと「ある話」で大盛り上がりしてきました。その話題とは、人は変わるのか、変わらないのか、そして、それを受け入れることができるのかということです。これは、ある程度の年数を公私ともに歩んでいるか […]

続きを読む
e-future
第66号:経営判断の幅を広げる外部人脈との付き合い方

 「社会と人」、「企業と人材」に関心を持った仲間とのつながりを大切にしています。以前のコラム、「第23号: 勝手に会社の価値を上げてくる社員はいますか?」でも触れていますが、弊社の企画に賛同して集まってくださる貴重なお仲 […]

続きを読む
e-future
第37号:あの社長と同じ轍を踏んではいけない

 誰もご存じの会社の人事部門のトップである常務とお話をさせていただいた時のことです。「広告を打ち出す際の考えまで、人事が把握できるわけがないんだよ。」と、日本を代表する芸能事務所の対応について話していた時に、ふと出てきた […]

続きを読む
e-future
第28号:社員の価値観が経営に与えるインパクト

 人材に関わる仕事をしている方々との懇親の場で、「会社を辞めることを前提に就職しましたか?」とある会社のマネジャーから質問されました。どういうことか気になり話を聞いていると、最近、部下から「評価を上げてもらえないなら会社 […]

続きを読む
e-future
第27号:経営者のための後悔しない人事づくり

 「大野さん、採用案件でお世話になった事業所の事なんですが…」と採用コンサルティングを実施したある大手企業の事業所に関することで話をしたいとのことでした。人事に何の相談もなく、新卒採用を中止すると決められたことが判明し、 […]

続きを読む
e-future
第26号:人への感度が低い経営者がやりがちなミス

 「うちみたいに安い給与で、不人気な業界は、長いことずっと人手不足ですよ。」とある経営者が、ため息交じりに話してくださいました。短期アルバイトや派遣を使いながら、なんとか人材をやりくりしているとのことでした。  求職者が […]

続きを読む
e-future
第25号:経営者の盲点だった?!人件費削減の未来

「大野さんね、人材の資産価値拡大化!そんなこと、経営者が考えているわけないでしょ!あなたがやろうしていることに、ニーズなんてないよ。」と、ある上場企業の人事部長からご指摘を頂きました。この手の反応は嫌という程受けているの […]

続きを読む